静岡県西部の電気工事ならおまかせ!

有限会社 共伸電気工業所

ホームページを見たとお伝えください。0538-31-8402

営業時間/7:30〜17:30

太陽光発電

クリーンエネルギーで注目されている太陽光発電。共伸電気工業所では一般家庭で使われる太陽光発電はもちろんの事、業務用としてはAgroVoltaico(営農型太陽光発電+3D追尾システム)を取り扱っております。

一般家庭向け太陽光発電

一般家庭向け太陽光発電

自家発電設備としての太陽光発電に関心が集まっています。東日本大震災以降、一般戸建住宅の屋根やマンションの屋上に太陽光発電を設置している方が増えました。
共伸電気工業所では、ご家庭に太陽光発電を設置したい方へのご提案から設置までトータルにサポートいたします。

営農型太陽光発電+3D追尾システム

営農型太陽光発電+3D追尾システムAgroVoltaico

農地上空を有効利用して太陽光発電事業を行うことができる仕組みを「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」といいます。作物に必要な光を確保しながら、太陽光パネルを一定間隔で設置し発電事業と農業を一つの畑で両立が可能です。作物によっては光合成の飽和点が低いため太陽光の効率的利用が可能となり、農業従事者の新たな収入方法として注目されています。

共伸電気工業所では、ソーラーシェアリングの中でも静岡市に拠点を置く LEAF社のAgroVoltaico(営農型太陽光発電+3D追尾システム)を採用しています。

AgroVoltaicoの4つのポイント

1.自動追尾システムで発電量が140%以上を達成

1.自動追尾システムで発電量が140%以上を達成

自動プログラムの制御によって、常にソーラーパネルを太陽光に直角となるよう配置されるため、日の出から日の入まで無駄なく発電することができます。

2.特許技術を使用した構造で費用対効果が高い

2.特許技術を使用した構造で費用対効果が高い

AgroVoltaicoは全体的な費用対効果を考えられており、通常の追尾型・営農型と比較してコストを削減することができます。

3.農業第一設計。大型農業機械も使用可能

3.農業第一設計。大型農業機械も使用可能

農業は作物によって必要な採光量が異なり、農作業機械も変わるため、すべてに対応する設計は困難で、諦めるケースが目だちます。
AgroVoltaicoはイタリアの巨大農業用機械を想定し、農業を第一に設計しています。作物に応じて採光面積を増減できる工夫が盛り込まれた世界特許の技術です。

4.豊富な実績と安心・安全のメンテナンス

初号機は2013年に設置され、そこから得た実績・データを元に常に改良が加えられています。
強風・積雪による安全対策、故障時のメンテナンス、発電・状況の監視など、メンテナンスを行っています。

発電監視 / トラッキング監視 / 農業機器によるアクシデント対応策 / 積雪によるセーフティー対策 / 強風によるセーフティー対策 / バックトラッキング / 故障時のメンテナンス / 大学と連携した作物の育成リサーチ / loT型農業

無料見積もりはこちらまでお気軽にお問い合わせください。

0538-31-8402

AED(自動体外式除細動器)

共伸電気工業所はAED(自動体外式除細動器)を設置しています